撮影を効率化。クイックシューでカメラの付け替えを超高速にする

クイックシューでカメラのつけかえを超高速化

動画を撮るときは三脚を始め、ドリーやスライダーなど複数の機材を扱うことが多いです。

これをいちいちネジで付けたり外したりしていたら日が暮れてしまいます。

そんな時はアルカスイスプレートで簡単に付け替え可能にするという方法があります。

しかし、今回はそれよりもさらに簡単に着脱できる「HAKUBA クイックシューIII S」を紹介します。

これを使えばストレスフリーでサクサク機材交換ができるので、撮影がとても捗りますよ。

もくじ

クイックシューで簡単に高速着脱しよう

ハクバ
¥2,891 (2024/04/21 16:01時点 | Amazon調べ)

サイズはSとLの2種類があるのですが、少しサイズが違うくらい。

私はミラーレス一眼の「SONY a7III」を使っていますが、Sサイズで全く問題ありません。

ボトム側のシューベースのみ複数欲しくても別売りはしていないので、セットを必要な分だけ買いましょう。

逆にトッププレート側は個別に売っているので、複数のカメラを付け替えたいという場合は安上がりにすみます。

プレートとシューベースから構成されています。

スライドさせると丸い突起物がカチッとプレートにハマるようになっています。

これが結構しっかりしていて遊びがありません。安心です。

銀色の金具を押し込むとロックが外れて取り外せます。

誤操作でのカメラ滑落を防ぐ安全ロック機構も備わっているので安心。

a7iiiにとりつけたプレート

トップ側のプレートをカメラのネジに装着。

小さめなので特に嵩張るわけではありません。

シューベースを三脚など任意の機材に取り付けます。

私は三脚に取り付けているスライディングアーム用自由雲台と、電動ドリーの上と2箇所に設置。

アルカスイスよりもおすすめ

アルカスイスプレートの自由雲台を使っていた時は、毎回横のダイヤルを回転させて固定していました。

すごい手間なわけでもないんですが、何回もやっていると疲れます。

たまに締めが甘くてカメラが斜めになっていたり、下手したら外れそうになることもありました。

これは機材によりけりだと思いますが、横に嵩張るのも難点なところ。

機材によってはあまり横にせり出せないものもありますよね。

HAKUBAのクイックシューなら嵩張ることもなく、スライドさせるだけでカチンとはまってくれます。

これ以上のスピード感は無理じゃないかってくらい速攻で着脱できます。

アルカスイスと比べてもその差は数秒です。たった数秒ですが、これが何回もあるとストレスの溜まり方が段違いです。

ほんのちょっと残念なコト

クイックシューの性能や機能に対して文句は1ミリもありません。

ただ、複数を買うことが前提の製品ですから、プレートもシューベースも両方とも個別で売って欲しかった。

プレートだけは別売りしてますが、シューベースに関してはセットで買うしかありません。

カメラ複数持ちの人にはプレートが買えれば十分かもしれませんが、私みたいに1つのカメラを効率よく三脚やスライダーに載せ替えたい人はボトム側のシューベースが必要です。

シューベースだけ売ってくれたらめちゃくちゃ嬉しいです・・!

まとめ

カメラを高速で着脱できる「HAKUBA クイックシュー III S」の紹介でした。

三脚やスライダーなど複数の機材を使い分ける方ならクイックシューを絶対買ったほうが良いです。

いかにストレスなく動画撮影をするか。小さなことですが、長く続けるためには大事なことです。

ハクバ
¥2,891 (2024/04/21 16:01時点 | Amazon調べ)
  • URLをコピーしました!
もくじ